車を売るにはどんな方法がある?売却方法の特徴・おすすめを解説!

車関連情報

車を売却したいと考えた際に売却方法として思いつくのが、買取専門店へ持ち込んでの売却とディーラーでの下取りだと思います。

これらの方法が最も一般的であり、逆に他の方法を知らない方もいるかもしれません。

売却の方法は他にもあり、買取価格がより高額になったり、査定員と交渉せずに売却できる方法も存在します。

今回は車の売却方法の特徴をご紹介します。

スポンサーリンク
  1. 車を売るにはどんな方法があるのか?
  2. 買取業者に売却する場合のメリット・デメリット
    1. 買取業者への売却のメリット
      1. 自宅からアクセスの良い店舗を選べる
      2. 人気車種は高額買取の可能性が高い
    2. 買取業者への売却のデメリット
      1. 価格の比較に手間がかかる
      2. マイナー車種は買取価格が低い可能性がある
  3. ディーラーの下取りのメリット・デメリット
    1. ディーラーの下取りのメリット
      1. 手間がかからない
      2. 状況によっては結果として高額になることも
    2. ディーラーの下取りのデメリット
      1. 車を購入する場合に下取りしてもらえる
      2. 買取業者より安いことが多い
  4. 一括査定のメリット・デメリット
    1. 一括査定のメリット
      1. 一度の申し込みで複数社に査定してもらえる
      2. 自宅や近隣の駐車場などで査定が可能
      3. 高額で売却できる可能性が高い
    2. 一括査定のデメリット
      1. 複数の業者から電話連絡がくる
      2. 高額で売却するには交渉が出来る方が良い
  5. カーオークションのメリット・デメリット
    1. カーオークションのメリット
      1. 高額で売却できる可能性がある
      2. ネットを使用するので自宅にいながら売却できる
    2. カーオークションのデメリット
      1. 売却をキャンセルできなくなる可能性がある
      2. 入札が少なく売却できないことも
  6. 個人売買のメリット・デメリット
    1. 個人売買のメリット
      1. 高額で売れる可能性がある
      2. 消費税がかからない
    2. 個人売買のデメリット
      1. 売れるまでに時間がかかる
      2. トラブルが起こる可能性がある
  7. 廃車にする
  8. 車を売る方法 まとめ

車を売るにはどんな方法があるのか?

車を売却する方法ですが、従来通り買取店に持ち込む方法・ディーラーの下取りに出す方法が一般的です。

インターネットが普及している昨今ではネット上のサービスを活用し、車を売却する方も増えています。

実際に売却する方法としては次の方法があります。

・買取業者に買取してもらう
・ディーラーの下取りに出す
・一括査定
・カーオークション
・個人売買
・廃車

それぞれの方法のメリット・デメリットを解説します。

スポンサーリンク

買取業者に売却する場合のメリット・デメリット

最初に思いつくのが買取業者に買取してもらう方法です。

大手の業者ですとガリバーやビッグモーター、カーセブンなどがあり、多くの方が一度は耳にしたことがあると思います。

これら買取業者の店舗に直接車を持ち込み、査定・売却をしてもらう方法です。

買取業者への売却のメリット

買取業者に売却する場合のメリットは次のような点です。

自宅からアクセスの良い店舗を選べる

街中に店舗を構えている買取専門店も多数あります。

そのため、自宅からアクセスの良い店舗で査定をしてもらうことが可能です。

思い立ったその日に査定をしてもらえることは、買取業者に持ち込む場合の大きなメリットでしょう。

また、多くの買取店舗では出張査定・買取も行っています。

自宅周辺で査定をしてもらえるのも買取業者のメリットです。

人気車種は高額買取の可能性が高い

買取業者は中古車の販売を行っていることも多く、車の買取は仕入れに相当します。

人気車種は在庫を大目に持っておきたいため、高額で買取してもらえる可能性が高いです。

大手の業者であれば他社と競争して高額で買取するだけの資金力があります。

流行の車種を売却したい場合は一社は大手買取業者にも査定してもらうのが良いでしょう。

買取業者への売却のデメリット

買取業者に売却する場合のデメリットは次のような点です。

価格の比較に手間がかかる

直接店舗に持ち込んで査定をしてもらう関係から、複数店舗で査定をしてもらうのには時間と手間がかかります。

店舗間を移動しなければならないため、場合によっては一日作業になることもあるでしょう。

出張査定を依頼する場合は連絡したその日に来てもらうことが出来ないこともありますので、今すぐ査定額を知りたい場合などは店舗まで出向く必要が出てきます。

しかしながら、比較によって車両の相場もわかるため、高額で売却するためには価格の比較は必要です。

忙しい方ですと何店舗も回るのが難しく、結果として割安な店舗に知らずに売却してしまうかもしれません。

マイナー車種は買取価格が低い可能性がある

人気車種は在庫が欲しいため、少し高めで買い取ってもらえる可能性があるのが買取業者のメリットです。

一方、人気の少ない車種の場合は在庫として置いておく期間が長くなりがちなことや、高額での売却がしにくいことなどから、買取価格は高くなりづらいです。

マニアが好む車種ならばその車種に強い業者に売る方法もありますが、必ずしも自宅近隣に店舗があるとは限らず、遠方の場合は出張買取も断られる可能性もあります。

車種によっては希望額とは大きく離れた売却額を提示される可能性がありますので注意が必要です。

中古車の買取業者といえば「ガリバー」が有名です。

全国に500以上の店舗を構える大手の買取業者と言えるでしょう。

店舗に車を持ち込んでの査定はもちろん、出張査定もしてもらえますので、都合に合わせて査定方法を選べるのが非常に便利です。

大手の買取業者は車を高値で買い取れるパワーがあるため、売却を検討しているなら一社は大手の査定を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

ディーラーの下取りのメリット・デメリット

車を購入する際にディーラーに古い車を買取ってもらうことを「下取り」と言います。

買取業者による買取とは少し趣が異なりますので、注意が必要です。

ディーラーの下取りのメリット

ディーラーに下取りしてもらう場合のメリットは次のような点です。

手間がかからない

車を購入する店舗で下取りしてもらいますので、買取業者を回る手間と時間が省けます。

商談をしている間に査定をしてもらえるので待ち時間がないこともポイントでしょう。

本来、車の売却には色々な手続きが必要ですが、ディーラーは全て代行してくれます。

苦労することなく車を処分することができるのがディーラーの大きなメリットでしょう。

状況によっては結果として高額になることも

ディーラーで下取りに出す場合、売却益は車の購入代金に充当されます。

実質的に新しい車の割引になり、値引き交渉が苦手な方にとっては下取り価格の上乗せをお願いする方がハードルは低いのではないでしょうか。

また、車種によっては値引きして販売することを本社から止められていることもあります。

このような場合にも下取り価格を上げてもらえるよう交渉することで、新しい車を購入する際の負担を減らすことができます。

ディーラーの下取りのデメリット

ディーラーに下取りしてもらう場合のデメリットは次のような点です。

車を購入する場合に下取りしてもらえる

ディーラーの下取りは、あくまで車を購入してくれる方向けのサービスとなっています。

車の売却だけでは受付してもらえません。

さらに、売却益は車の購入費用に充当されるため、手元に現金が入ってくることがない点にも注意が必要です。

買取業者より安いことが多い

一般的にディーラーの下取り価格は買取業者の買取価格より低くなることが多いです。

ディーラーが新車の販売で利益を得るのに対し、買取業者は買い取った車の販売で利益を得ています。

高額で売却できる独自の販路も多く持っているため、一般的には買取業者の方が査定額は高く出るようです。

スポンサーリンク

一括査定のメリット・デメリット

一括査定とはインターネットなどから査定の申し込みをすると、一度の申し込みで複数の業者に査定を依頼できるサービスです。

車を売却する際には一括査定が良い方もいれば、一括査定は苦手な方もいるので、メリット・デメリットを解説します。

一括査定のメリット

一括査定のメリットは次の点です。

一度の申し込みで複数社に査定してもらえる

インターネットなどから一度申し込みをするだけで、複数の買取業者に査定を依頼することができます。

通常であれば一店舗ずつ買取業者を回ったり、出張買取の依頼も一軒ずつ申し込みをするところを、専用のウェブサイトで一度情報を入力するだけで複数の業者から連絡が来ます。

店舗の連絡先を調べたり、電話をかける時間や入力の手間を大幅に省くことができるのがメリットの一つです。

自宅や近隣の駐車場などで査定が可能

一括査定は基本的に出張買取です。

そのため自宅や近隣の駐車場などで査定をしてもらうことが可能であり、自分の都合の良い時間に業者に来てもらうことが出来るのもメリットでしょう。

高額で売却できる可能性が高い

複数の業者の査定を受けられるため、価格の比較が容易にできます。

愛車のおおよその相場もわかりますので安く買い叩かれる心配が少ないのが特徴の一つです。

交渉の得意な方であれば、先に査定してもらった業者の査定額を材料に買取価格アップの交渉も可能でしょう。

さらに高額買取を目指すのであれば複数の買取業者に一度に査定に来てもらい、競売形式で買い取ってもらうことも非常に有効な手段です。

ディーラー・買取店舗よりも高額で売却できる可能性があるのが一括査定です。

一括査定のデメリット

一括査定のデメリットは次の点です。

複数の業者から電話連絡がくる

一括査定の申し込みをすると、それほど時間を空けずに複数の業者から電話連絡が来ることになります。

人によっては「電話連絡の嵐」と評する方もいるほどで、電話の苦手な方にとっては負担になるでしょう。

入力した情報を複数の業者に知らせることから、個人情報の流出が心配な方にとっても一括査定は利用しにくいかもしれません。

高額で売却するには交渉が出来る方が良い

どの売却方法でもそうですが、特に一括査定は交渉ができる方が有利です。

競売形式の提案や価格の引き上げにも交渉が必要になります。

交渉が苦手だと一括査定のメリットを上手に利用できないかもしれません。

一括査定の利用を検討しているなら「一括査定.com」がおすすめです。

他社のサービスでは加入している会社が40社ほどであるのに対し、「一括査定.com」は70~80社が加入しているため、高額査定をしてくれる業者に会う確率が高くなっています。

「一括査定.com」は「日本自動車流通研究所(JADRI)」が運営しているサービスです。

車の売買でトラブルが起きた時のためにサポートセンターを設置するなど、取引の安全性の向上に努めていますので、他の一括査定サービスよりも安心して利用できるでしょう。

スポンサーリンク

カーオークションのメリット・デメリット

インターネットのサービスなどを利用し、カーオークションに出品する方法もあります。

複数の業者が愛車に入札してくれるので、最も入札額の高かった業者と取引を行います。

出品や様々な手続きを代行してくれるサービスも登場しており、今注目の売却方法です。

有名なサービスとしては「ユーカーパック」「MOTA」があります。

カーオークションのメリット

カーオークションのメリットは次のような点です。

高額で売却できる可能性がある

カーオークションは名前の通り競売形式となっております。

複数の業者が自分の車に入札してくれ、最も高額で入札した業者に売却することができるのが最大の魅力です。

ネットを使用したサービスのため、マニアが好む車に強い業者が参加している可能性があり、メジャーな車種だけでなくマイナーな車種でも思わぬ高額取引となる可能性があります。

ネットを使用するので自宅にいながら売却できる

売却までの手順はサービスによって異なりますが、一括査定を依頼した場合や買取業者に売却する場合よりも査定員と会う回数が少ないのがカーオークションの特徴です。

サービス提供会社の査定員にのみ査定してもらい出品するタイプや、自分で撮影した写真と車の詳細を記述して出品するタイプなどがあります。

出品後は落札した業者などが車を取りに来るのを待ち、入金されたら取引は終了となります。

面倒な手続きを代行してくれるサービスも多く、人と会う機会をできるだけ減らして売却を完結できるのは、コロナの影響でソーシャルディスタンスが話題になる昨今においては大きなメリットでしょう。

カーオークションのデメリット

カーオークションのデメリットは次のような点です。

売却をキャンセルできなくなる可能性がある

出品後に最低落札価格以上で入札があると、出品をキャンセルできなくなるサービスもあります。

売却するか悩んでいる状態での出品は取り返しがつかなくなる可能性がありますので注意が必要です。

車の相場が知りたいだけの場合などは他のサービスで査定をしてもらった方が良いでしょう。

入札が少なく売却できないことも

必ずしも多くの業者から入札があるとは限りません。

全国の買取業者が利用しているとはいっても、遠方であれば輸送料が必要となり、入札を諦めることもあります。

希望の価格で売却ができないこともあり、人によっては一括査定の方が買取価格が高かったということもあるようです。

サービスによっては希望落札価格に到達していない場合は取引をしないことも可能ですので、状況に応じて売却の方法を検討することが必要かもしれません。

カーオークションで有名なサービスが「ユーカーパック」です。

「ユーカーパック」は最大5,000社から入札があるかもしれないカーオークションの大手サービスとなっています。

査定は一度受けるだけで良いので、売却にかける時間をできるだけ少なくすることができ、忙しい方でも申し込みやすいのが特徴です。

さらに「ユーカーパック」は落札業者との価格交渉も代行してくれ、利用料は0円となっています。

詳しい情報は以下の記事にて解説しています。

カーオークションに近い形式のサービスとして「MOTA」があります。

「MOTA」とはカーオークションと一括査定の良いとこ取りをしたサービスで、車の情報の入力や写真の提供で最大10社が愛車の査定をしてくれます。

実際に査定を受けるなどのやりとりをするのは入札額上位3社のみですので、高額査定を提示してくれた業者とピンポイントでやりとりが出来るのが特徴です。

最大の魅力は査定に納得がいかなかったらキャンセルが可能なこと。

最低落札額以上で入札があると金額に不満があっても売却をキャンセルできないカーオークションとは異なり、納得できなければキャンセルできるのは大きなメリットでしょう。

詳しい情報は以下の記事にて解説しています。

スポンサーリンク

個人売買のメリット・デメリット

ヤフオクやフリマアプリの普及により、個人売買に興味のある方も増えているようです。

メルカリでも多くの車が出品されていますね。

個人売買を代行するサービスやサポートするサービスも台頭しており、人々の関心の高さがうかがえる分野です。

個人売買のメリット

個人売買のメリットは次の点です。

高額で売れる可能性がある

買取業者への売却の場合、売り手と最終的な買い手の間に様々な業者が介在します。

各業者の経費や利益が最終的な価格に反映されるため、車の売り手に支払われる金額は少なくなりがちです。

一方、個人売買の場合は売り手と買い手が直接やり取りをします。

間に入る業者が存在しないため、売り手は高く、買い手は安く車を取引することができるのです。

また、個人売買は車の趣味が似ている方とマッチングすれば、マニアが好む車種やカスタマイズがプラスに働くこともあります。

買取業者であれば減点されていた部分が値下げ評価にならずに済むこともあり、タイミングさえ合えば思わぬ高額取引となる可能性があるのが個人売買のメリットです。

消費税がかからない

業者による取引ではないため、消費税がかかりません。

売り手は消費税の申告は当然ながら不要ですし、買い手は業者からの購入であればかかった消費税分安く購入することができます。

売り手・買い手双方にとってメリットと言えるでしょう。

個人売買のデメリット

個人売買のデメリットは次のような点です。

売れるまでに時間がかかる

個人売買のデメリットのひとつは、売却までに時間がかかることです。

需要がなければ売却できませんので、買い手とのマッチングに時間がかかります。

仮に購入希望者が現れたとしても条件の摺合せが上手くいかなければ取引成立は難しいでしょう。

タイミングが悪いと何か月も売れないままの可能性もあり、すぐに売却したい場合には別の方法を利用しなければならないことも考えられます。

トラブルが起こる可能性がある

買取業者が行っていたことを全て自分で行わなければなりません。

車の点検、購入希望者のとやり取り、車の引き渡し、代金の受け取り、譲渡の手続きなど、やらなければならないことが色々あります。

個人売買が初めてですと情報を調べながらの対応となりますので、手間がかかるのは間違いないでしょう。

取引中・取引後もトラブルが起こる可能性は否定できません。

個人売買でよく聞くトラブルは代金の振込がされないこと、譲渡の手続きが正常にされていないことなどです。

車が高額で売れる可能性があるとはいえ、手順の多さやトラブルの不安があることから、ハードルの高い売却方法と言えるでしょう。

個人売買に関心はあるけれど、わからないことだらけで利用を悩んでいる方は「Ancar」を検討してみてはいかがでしょうか?

「Ancar」は個人売買をサポートするプラットフォームです。

車を売りたい方と買いたい方をつなぎ、車の点検や運搬・決済の代行などを行ってくれます。

個人売買でトラブルになりやすいポイントや面倒な部分を「Ancar」がサポートしてくれますので、初めての個人売買でもチャレンジしやすいです。

詳しい情報は以下の記事にて解説しています。

スポンサーリンク

廃車にする

あまりにも古かったり走行距離が長い場合は買取価格がつかないことがあります。

他にも、事故車や水没車、故障などにより自走できない車も買取不可能な場合が多いです。

これらのケースの場合、廃車にするのが一般的です。

廃車にした場合は自動車税の還付がありますので、車自体の買取価格はなくとも手元に入ってくるお金がないわけではありません。(例外もあります。)

しかしながら東南アジアへ売却する独自の販路を持っていたり、パーツの販売などをしている業者も存在し、そのよう買取業者には廃車にするしかない車を買い取ってもらえることもあります。

東南アジアで人気のある車種ですと年式が古かったり過走行でもある程度の値段がつくことがありますので、他の買取業者や一括査定で値段がつかなかった場合にチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

買取業者などで値段がつかずに諦めかけている方にはカーネクストがおすすめです。

カーネクストは、動かない車・古い車・過走行の車など、どんな車も0円以上で買取を宣言しています。

さらに日本全国どこでも引き取り料が無料ですので、動かない車や車検切れの車でも安心です。(離島など一部地域を除く)

査定はもちろん無料で出来ますので、難ありの車だからと諦めてしまう前に一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

車を売る方法 まとめ

車を売却する色々な方法をご紹介してきました。

どの方法にもメリットデメリットがあるため、ご自分にあった方法を選ぶのが一番良いと思います。

売却を簡単にするためのサービスも多種多様です。

当サイトでもいくつかのサービスを解説していますので、参考にしていただければ幸いです。

■買取業者
  ・cars
■一括査定
  ・一括査定.com
■カーオークション
  ・ユーカーパック
  ・MOTA
■個人売買
  ・Ancar
■廃車
  ・カーネクスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました