高すぎる?トヨタKINTOの口コミや評判はどうなの?デメリット・メリットを解説!

車関連情報

2019年にサービスをスタートしたトヨタの「車のサブスクリプション KINTO(キント)」。

サービス開始当初は「KINTO高すぎ!」「自分で買うわ」などの酷評が多かったですよね。

KINTOは月々一定の料金でトヨタの新車に乗れるサービスですが、月額料金に任意保険を含んでいたり、申し込みから契約までWEBで行えるなど、メリットの多いサービスなんです。

最近では各種メリットが周知され、サービスの評価が見直されつつあります。

そうは言っても「毎月車のリース代金で5万円かかるんでしょ…?高すぎ…」と思う方もまだまだいらっしゃると思います。

今回はKINTOのメリット・デメリットを解説するとともに、ネットでの評判・口コミをご紹介します。

良い部分も悪い部分もまとめてお伝えしますので「KINTOって意外と高くないかも」「車のライトユーザーの自分にはピッタリかも?」と、きっとKINTOを見直しますよ!

スポンサーリンク

トヨタのKINTO(キント)とはどんなサービス?

トヨタのKINTO(キント)とはクルマのサブスクリプションサービスです。

サブスクリプションとは、毎月一定の利用料金で受けられるサービスで、有名なものだと動画のNetflixや音楽のSpotifyなどが有名です。

車のサブスクリプションであるKINTOはトヨタの新車を毎月一定の金額で利用できるサービスで、カーリースに近い形態となっています。

最大の特徴は車にかかる様々な費用が月額利用料金にコミコミになっていること。

車を購入すると車検や修理などで毎月の費用が変化しますが、KINTOでしたら一定の料金で利用ができ、月々の出費が固定化できるというメリットがあります。

スポンサーリンク

トヨタのKINTO(キント)口コミや評判は?

サービスの内容を調べるうえで一番気になるのは、口コミや評判ですよね。

サービス開始当初は「KINTOの料金は高すぎ」「月額料金が高いからKINTOはやめとけ」という評判が多かったですが、現在はどうなのでしょうか。

ネット上でのKINTOの口コミ・評価をご紹介します。

KINTO(キント)の良い口コミ・評判は?

KINTOの良い口コミ・評判には以下のようなものが見られました。

KINTOの好評な口コミに多いのは、車両価格だけでなく任意保険・メンテナンス費用なども月額料金に含まれていることです。

任意保険は等級によって料金が大きく変わりますので、等級の高くない方や6等級からスタートする若い方にとっては月額料金に保険料も含まれるKINTOはお得になります。

また海外転勤の可能性が高い方にも、解約料の必要ないKINTOは魅力的なようです。

私自身はすっかり盲点だったのですが、KINTO はローン扱いにならないので住宅ローンなどを組む際の妨げにならないのも大きなメリットです。

KINTO(キント)の悪い口コミ・評判は?

KINTOの悪い口コミ・評判には以下のようなものが見られました。

KINTOの悪い口コミはサブスクでありながら解約料がかかる、月々定額でも駐車場代は別に必要になるなどの点が引っかかる方が多いです。

また、最終的に車が自分のものにならない、たくさん車に乗りたいから走行距離制限が短いのが不満、トヨタ車以外も乗りたいなど、KINTOに対する悪い口コミは車が好きな方が多そうな印象です。

KINTOは車に詳しくない方でも乗れる手軽さが大きなメリットの1つですので、まずはKINTOで車に乗ってみて、もっと自由に車に乗りたいと思ったら購入を検討するのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

KINTO(キント)の仕組み・メリットは?

クルマのサブスクリプションKINTO(キント)のサービスは、より車を乗りやすくする仕組みの中に多くのメリットがあります。

  • 月額料金が一定→突然の出費がなく安心!
  • 任意保険料も費用にコミ!若い人ほどお得!
  • トヨタの新車に頭金0円で乗れる!
  • ライフステージに合わせて車を乗り換え!
  • メンテナンスはトヨタ・レクサス正規店で!
  • 申し込みから契約までWEBで完結!
  • クレジットカードで支払いOK!

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

月額料金が一定→突然の出費がなく安心!

車をローンで購入すると、自動車税の納付や車検の費用など支払うことが事前に分かっている費用だけでなく、突然の車の故障によるメンテンナンス費用など突発的な出費もあります。

そのため、車にかかる費用は年ごと・月ごとの支払額に波があります。

一方KINTOは車のサブスクですので、車にかかる費用は年間通して毎月定額です。

なぜKINTOの月額料金が月ごと・年ごとに変わらず一定なのかというと、KINTOの仕組みに秘密があります。

KINTOの月額料金は、車を所有していたら必要になるトータルの経費を均等払いしている形なんです。

具体的には以下の内容がKINTOの月額料金にはコミコミです。

  • 車両代金&オプション代金
  • 自動車保険料(自賠責保険&任意保険
  • 自動車税
  • メンテナンス
  • 消耗品
  • 車検
  • 故障修理・代車

メンテナンス費用や車検の費用も月額料金に含まれていますので、年ごとの変動もありません。

ですので、他に必要になるのはガソリン代や駐車場代など!

車にかかる金額の変動がないので毎月の固定費として考えることができ、突然の出費がないのは非常に安心ですね。

任意保険料も費用にコミ!若い人ほどお得!

KINTOの最大のポイントは月額料金に任意保険も含まれているという点です。

任意保険はほとんどの方が入っているにも関わらず、KINTO以外のカーリースの月額料金には含まれていません。

そして任意保険は若い方・保険等級の低い方ほど高額になります。

ですので、最初から月額料金に任意保険がコミコミのKINTOは若い方・保険等級の高くない方ほどお得になります。

しかも事故などで保険を適用した場合でもKINTOの保険の等級の変化もないので、月額利用料金が高くなることもないので安心です。

初めての車選びならKINTOは非常にお得ですね。

現在加入中の任意保険の等級はKINTO利用後に新しい車を購入した際に引き継ぐこともできます。詳しくは契約中の保険会社の「中断処理」をご確認ください。

トヨタの新車に頭金0円で乗れる!

KINTOでは「初期費用フリープラン」を選択すれば、頭金が0円で車に乗れます。

車をローンで購入する時には頭金としてまとまったお金が必要になりますが、KINTOは頭金も含めた金額を利用期間で割って月額料金としています。

ですので、車が必要になった場合でもまとまったお金を用意しなくて大丈夫!

しかもKINTOで選べる車両はいずれもトヨタの新車です。

最新の安全装備がついた綺麗な新車に乗れるのは非常に嬉しいですね。

ライフステージに合わせて車を乗り換え!

KINTO の契約期間は 3年・5年・7年 の3つのプランから選べます。(レクサスは3年契約のみ)

車にかかる費用を均等払いしているKINTOは、契約期間が長くなるほど月々の料金は安くなっていきます。

そうは言っても結婚などで家族が増えた・子供が独立したなどのライフステージの変化で契約満了よりも早く車を乗り換えたくなることもありますよね。

KINTOでは契約から一定期間が経過すると中途解約するより割安な手数料で車を乗り換えできる「のりかえGO」という制度があります。

「のりかえGO」利用可能時期

  • 3年契約の場合⇒1年6ヵ月目~
  • 5年契約の場合⇒3年0ヵ月目~
  • 7年契約の場合⇒3年0ヵ月目~

ライフステージの変化はもちろん「新しい車が気になる!」という時にも契約途中で乗り換えしたくなったら「のりかえGO」の制度を利用することでお得に車を交換することができます。

車に自分を合わせるのではなく自分に合った車を気軽に選択できる、車の購入やカーリースでは出来ないKINTOならではのサービスです。

メンテナンスはトヨタ・レクサス正規店で!

車のメンテナンスは正規店で行うと割高になりますよね。

KINTOなら車のメンテナンス費用も月額料金にコミコミ!

しかも修理やメンテナンスはトヨタのを知り尽くした正規店で行ってくれますので、安心ですね。

申し込みから契約までWEBで完結!

KINTOの申し込みはネットでOK!

家にいながら車を選び、契約まで出来ちゃうんです。

公式サイトにサービスの詳細がしっかり書かれており、分かりにくいオプションにも詳しい解説ページが用意されています。

問い合わせも電話はもちろんチャットでも可能ですので、分からない事があったらすぐに調べられる・聞けるのも嬉しいですね。

クレジットカードで支払いOK!

車をローンで購入する時はクレジットカード決済ができないのが一般的です。

ですがKINTOは月額料金制なのでクレジットカードで支払いOK!

クレジットカードのポイントも貯められて、お得に車に乗ることができます。

ポイント還元率が1%のカードなら、月額料金4万円で400ポイント、年間にすると4,800ポイントも貯められます。

スポンサーリンク

トヨタのKINTO(キント) デメリットは?

毎月定額で車に乗れる、頭金なしで新車に乗れるなど、様々なメリットのあるトヨタのKINTO。

逆にデメリットにはどのような点があるのか解説します。

任意保険の等級を引き継げない

KINTOの毎月の値段には任意保険の料金も含まれています。

お得になる方がいる一方、保険料込みであることがデメリットとなる方もいます。

  1. ドライバーの年齢が30歳以上
  2. 任意保険の等級が高い

上記のケースは任意保険の割引率が高く、保険料が安くなります。

そのため誰でも一律に任意保険の料金を設定しているKINTOは保険料分割高になってしまいます。

逆に若いドライバーや任意保険の等級が低い方は手厚い補償を一律料金で受けられるKINTOの方が安くなりますね。

走行距離に制限がある

KINTOでは車の走行距離の上限が設定されています。

月間走行距離制限は1,500kmですので3年間では54,000kmまで走行可能という契約条件です。

走行距離をオーバーしてしまった場合は車を返却する時に追加料金の支払いが必要です。

そのため、長距離ドライブやレジャーに頻繁に使用したい方にはKINTOの走行距離上限は物足りないかもしれません。

なお [走行距離上限=利用している月数×1,500km]となりますので、時々オーバーしてしまう月があっても累計で基準を下回っていれば大丈夫です。

契約途中で解約するには解約金がかかる

KINTOは最初に設定した契約期間の途中で解約する場合は解約金が必要です。

解約金は明確に設定されており、KINTO公式サイトで確認することができます。

ただし3年プラン契約中に以下の理由で解約する場合は解約金はかかりません。

  • 免許返納
  • 海外転勤
  • 死亡(5年/7年契約中でも解約金なし)

※車両状態によっては特約精算金を支払う場合があります。
※3年契約中でも契約から半年以内の免許返納に伴う解約は解約金が必要です。

なお、新設された「解約金フリープラン」であれば頭金が必要なかわりに解約金は不要になります。

免許返納や海外転勤の可能性がある場合は3年契約、それ以外の理由で解約するかもしれない時は「解約金フリープラン」にすれば解約金はかかりません。

スポンサーリンク

解約金がかからないプランも登場!

KINTOの契約期間中の解約には一部の例外を除き解約金がかかります。

これまでのKINTOは解約金があることで「好きな時に辞められるサブスク感がない」「解約金があるから結果的に高くなる」という意見がありました。

ですが2021年12月14日に満を持して『解約金フリープラン』が登場!

解約金フリープランは契約時に申込金(頭金)を支払うことで、いつでも好きな時期に解約金0円で解約することができます。

また、解約金フリープランは契約の満了時に乗っていた車を再契約することもできます。

再契約時は所定の申込金が必要になりますが、月額利用料が最大30%OFFになり、さらにお得にKINTOを利用することができます。

解約金フリープランは次のような方におすすめです。

  • 車が必要な期間が不透明な方
    • 利用期間が短くなっても解約金0円で安心
    • 長く乗る場合も同じ車で再契約が可能
  • 売却可能な車がある方
    • 車の売却金額を申込金に充当することで、いつでも解約金0円で解約できる
スポンサーリンク

ローン購入とKINTO どっちが高い?

KINTOの月額料金には車両本体価格や任意保険、メンテナンス費用などが含まれています。

ですが一番気になるのは、一括やローンで購入した場合と比べて高いのか安いのかですよね。

KINTO・一括購入・ローン購入の場合の大まかな費用をご紹介します。

アクア X HEV 3年利用の場合

コンパクトカーの中でも人気の高いアクアの総額・月額料金の比較表です。

任意保険は21歳以上、使用期間は3年で算出しています。

 KINTO現金一括払い銀行自動車ローン
均等36回払い/5.0%の場合
車両代・オプション代利用料に含まれる2,173,820円2,173,820円
税金・自賠責保険127,820円127,820円
任意保険・メンテナンス620,985円620,980円
分割払い手数料等171,620円
3年後の下取り参考価格978,219円978,219円
支払い総額(3年)1,722,600円1,944,406円2,116,026円
月々の支払額47,850円54,011円初回:61,526円
2回目以降:58,700円

支払総額のKINTOと一括購入の差額は約20万円、KINTOと自動車ローンの差額は約40万円となっています。

KINTOが最も安い結果となっていますね。

アルファード S”TYPE GOLD Ⅱ” 5年利用の場合

ファミリーに人気のアルファードの総額・月額料金の比較表です。

任意保険は21歳以上、使用期間は5年で算出しています。

 KINTO現金一括払い銀行自動車ローン
均等36回払い/5.0%の場合
車両代・オプション代利用料に含まれる4,369,250円4,369,250円
税金・自賠責保険433,080円433,080円
任意保険・メンテナンス1,419,702円1,419,720円
分割払い手数料等577,930円
5年後の下取り参考価格1,310,775円1,310,775円
支払い総額(5年)4,111,800円4,911,257円5,489,186円
月々の支払額68,530円81,854円初回:96,586円
2回目以降:91,400円

支払総額のKINTOと一括購入の差額は約80万円、KINTOと自動車ローンの差額は約130万円となっています。

先にご紹介したアクアと比較すると車両本体価格が高い分、分割払い手数料が高額になり、ローンで購入する場合とKINTOの場合で差額が大きいですね。

アルファードの場合でもKINTOが最も安い結果になりました。

任意保険の対象年齢を35歳以上とした場合のKINTO以外の総額・月々の支払額は次のようになります。

  • 現金一括払い
    総額:4,522,917円
    月々:75,382円
  • 自動車ローン
    総額:5,100,846円
    月々 初回:85,846円、2回目以降:85,000円

KINTOと一括購入の差額は約40万円、KINTOと自動車ローンの差額は約100万円となっています。

任意保険の金額が安くなったとしてもKINTOの支払総額・月額利用料金には届かない結果となりました。

KINTOは決して高くない!

アクアを3年乗った場合とアルファードを5年乗った場合の金額の比較表をご紹介しました。

いずれの場合もKINTOが最も安い総額・月額料金となっており、決してKINTOが高い月額料金を設定しているわけではないことがお分かりいただけたと思います。

KINTOを高いと言っている方は各種税金や任意保険の金額を含めていなかったり、そもそも保険料の割引率が高い(等級が高い)方も少なくないのではないでしょうか。

毎月の料金に車にかかる費用が全てコミ、面倒なことはトヨタにお任せできるKINTOは、手軽に・お得にクルマに乗りたい方にはピッタリな選択肢です。

スポンサーリンク

KINTOはやめとけ!オススメできない人はこんな人

トヨタのKINTO(キント)には多くのメリットがありますが、必ずしも誰にもオススメできるサービスというわけではありません。

「KINTOは止めとけ!」という方、サービスを利用すると失敗しそうな方は次のような方になります。

KINTOがオススメできない方
  • 任意保険の等級が高い(保険料が安い)方
  • 車をレジャーにたくさん使用したい方
  • 超直近でライフスタイルの変化が予想される方
  • 車をカスタマイズしたい、所有したい方

KINTOをオススメできない理由を一つずつ解説していきます。

保険の等級が高い(保険料が安い)方

KINTOをオススメできない方は保険の等級が高くなっており、保険料が安い方です。

任意保険は等級が高いほど割引率が高くなりますので、等級に関係なく一定の金額で保険が月額料金に含まれるKINTOは割高になってしまうためです。

車をレジャーにたくさん使用したい方

KINTOは走行距離に上限が設けられており[1,500km×契約月数]が制限距離となります。

各プランの走行距離は以下のようになります。

  • 3年契約 54,000km
  • 5年契約 90,000km
  • 7年契約 126,000km

車の返却時に上記の距離をオーバーした場合は超過した距離の清算が必要になります。(1kmあたりトヨタ車は11円、レクサス車は22円)

毎週末レジャーに使用したい方には物足りない距離かもしれません。

超直近でライフスタイルの変化が予想される方

超直近でライフスタイルの変化が予想される方もKINTOはオススメできません。

KINTOには「初期費用フリープラン」と「解約金フリープラン」があります。

「初期費用フリープラン」を途中で解約する場合は最大で10ヵ月分の月額料金を解約金として支払う必要があり、「解約金フリープラン」は申込金として5ヵ月分の料金が必要になります。

そのため、直近でライフスタイルの変化が予想される方、短期間のみ車を使用したい方には金額的な負担が大きくなるKINTOはオススメできません。

1ヵ月~などの短期間だけ車を借りたい方はレンタカーですとか、短期カーリースの「ニコリース」「ホンダマンスリーオーナー」がオススメです。

車をカスタマイズしたい方、所有したい方

KINTOは返却時に車の原状回復が原則となります。

そのため、車高を下げる・パーツを交換するなど自分の好みに車をカスタマイズしたい方にはKINTOはオススメできません。※

また、KINTOは他のカーリースとは異なり乗っていた車を買い取ることはできません。

乗っていた車を最終的に自分の車にしたい方にもKINTOはオススメできません。

※以下の車種のみカスタムが可能です。
・GRヤリス”モリゾウセレクション”
・GR86
・2021年10月21日以降に申込んだGRヤリス
可能なカスタムの詳細はKINTO公式サイトでご確認ください。

KINTOの車両をカスタム(改造)してもよいですか?(KINTO公式サイト)

スポンサーリンク

車のサブスク KINTO(キント)まとめ

車のサブスク トヨタのKINTO (キント)は、車にかかる月々の費用が一定になるのが最大のメリットです。

通常であれば自動車税や車検の費用など車にかかる費用は時期によって波があます。

しかしKINTOは毎月一定の利用料金とガソリン代・駐車場代だけの分かりやすい金額ですので、車のことがよく分からない方でも利用しやすいサービスとなっています。

また、月々の料金には任意保険もコミコミですので、保険料が高くなりがちな若い方はメリットを受けやすいのもポイント。

契約期間中でも解約・車の乗り換えが可能で、解約金が必要ないケースがあることもユーザーには嬉しいですね。

「日常使える車が欲しい!」と思っている方は、まずはKINTOの公式サイトで月々の料金をシミュレーションしてみてはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました