バック駐車でハンドルを切る向きがわからなくなる!なぜ駐車が苦手なの?克服のための練習方法を解説します

ペーパードライバー克服情報

車に乗る上で必ず必要になる駐車ですが、鬼門としているドライバーは非常に多いです。

特に初心者やペーパードライバーにとっては、いかにしてバック駐車を「無くすか」を考えている方もいると思います。(頭から突っ込んで頭から出るとかね)

駐車の中でもバック駐車を苦手だと感じる理由の一つが「ハンドル操作がわからなくなること」ではないでしょうか。

バック駐車時にハンドル操作がわからなくなるのは私自身も何度も経験し、恥ずかしながらパニックになって泣いたこともありました。

繰り返し練習した今ではバックでの駐車は得意とまでは言えませんが、大体の駐車場にバックで問題なく駐車できます。

今回は

  • バックでの駐車が苦手だと感じる理由
  • ハンドルの回し方と車・タイヤの向きの確認方法
  • バック駐車やハンドル操作を克服する練習方法

上記の内容を解説します。

スポンサーリンク

バックでの駐車をなぜ苦手だと感じるのか?

車を動かす上で必ず必要になる駐車ですが、とにかく苦手なドライバーが多い!

教習所での駐車の練習は目印ありきでしたが、実際の駐車では目印はありません。

しかも教習所では練習時間も非常に少なかったことも苦手な理由の一つではありますが、その他にも苦手だと感じる原因は色々あるんです。

ハンドルを切る向きがわからなくなる

駐車に慣れていないと「前進とバックではハンドルを切る向きが逆になる」と思うことがあると思います。

これは全くの誤解で、右に行きたい時は右、左に行きたい時は左にステアリングを回すのは前進でもバックでも変わりません。

前進とは逆の方向に進むので、ハンドル操作も逆の方向にするべきだと思い込んでしまうんですね。

ちなみに、車のハンドルは『ステアリング』とも呼びますので、記事中に出てきたら「あぁ、ハンドルのことね!」でお願いします。

車とタイヤがどこを向いているのかわからない

車に乗っている状態ですとタイヤがどの方向を向いているのか目視で確認することができません。

これがハンドルをどちらに切れば良いのかわからなくなる要因の一つでもあります。

例えば、車体は左前を向いているのにタイヤは右を向いている場合もありますよね。

この場合は思ったのとは違う方向に車体が進み、パニックに陥ってしまうことも駐車が苦手な方なら経験があるのではないでしょうか。

また、車に乗っていると方向感覚が掴みにくくなることもあります。

車の向きを確認する基準となる目印が無い場所などは特に方向がわかりにくいですよね。

注意しなければいけないポイントが多い

バックで駐車する時には注意しなければならないポイントが多いのも、バック駐車が苦手な理由の一つです。

  • アクセルとブレーキの踏み間違い
  • 左右の車との車間距離
  • 障害物の有無や人の飛び出し
  • 後ろ側は見えにくく確認が難しい
  • 曲がる方向とは逆の車両先端の接触

ざっと思いつくだけでもこれだけ注意しなければならないポイントがあります。

これらの点に注意しながらハンドルとアクセル・ブレーキを操作する複雑な動作のため、どうしてもバック駐車に苦手意識をもってしまうんですね。

そして苦手だからこそ焦り・パニックからアクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いをしてしまう。

一度踏み間違いをしてしまうと、今度は駐車に恐怖を抱くようになってしまうかもしれません。(私自身がそうでした)

アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いをしにくい踏み方を以下の記事でご紹介していますので、駐車が苦手な方はご覧ください。

バックでの駐車経験が不足している

バックでの駐車が苦手だと感じる4つ目の理由は「バックでの駐車経験が不足していること」です。

ハンドル操作が逆になるイメージの克服、注意すべきポイントの理解と確認などは、経験によってある程度補うことができます。

そのためには様々な駐車に挑戦し、場数を踏むことが必要です。

なお難易度の高い駐車場だと、長年運転していても時々ハンドル操作がわからなくなることがあるそうですので「ある程度補う」としました。

スポンサーリンク

ハンドルの回し方と車・タイヤの向きの確認方法は?

ハンドルの動かす方向で車の動く方向が決まり、全身とバックは同じ方向にハンドルを回す

バックで駐車する時はハンドルを切る向きがわからなくなる事がありますが、大切なのは

ハンドルは車の行きたい方向に回す

ということです。

これは前進でもバックでも変わりません。

そしてもう一つ大切なのが

わからなくなったら一旦止まって落ち着くこと。

ハンドル操作がわからなくなると焦りを感じ、パニックに陥ってしまうこともあります。

この状態で無理に駐車しようとしても上手くいかないどころか、他の車にぶつけるなどの可能性も考えられます。

ハンドルをどっちに切れば良いのかわからなくなったら一旦止まって落ち着いてください。

なんなら車から降りてタイヤの向きを確認したって良いのです。

タイヤの向きを確認して、そのまま進みたければハンドルは操作せず、反対方向に進みたいならハンドルも反対方向に回せば大丈夫ですよ。

車のハンドルの回転数は何回?

車種にもよりますが、ハンドルの回転数はおよそ3.5回転と言われています。

タイヤがまっすぐの状態で左右にそれぞれ約1.7回転くらい出来るのが平均的なハンドルの回転数だそうです。

左右どちらかに目一杯切った状態のまま回転すると車の最小半径で回転できるんですね。

ちなみに、私はハンドルの回転数はわざわざ数えたり覚えたりしなくて良いと考えています。

初心者やペーパードライバーなど駐車が苦手な方だと、タイヤがまっすぐな状態からそもそも何回転しているのか忘れてしまったり、数え間違いがあるからです。

「ここまで来たらハンドルを何回転させる」とするより、少し動かして車の向きを確認する方が確実ですよ。

車・タイヤの向きの確認方法

私自身もそうでしたが、駐車が苦手だと「車・タイヤが今どの方向を向いているのかがわからない」方が多いと思います。

向いている方向がわからないと車庫入れの苦手意識が強くなると思いますが、目に見えている情報や車を少し動かす事で解決できますよ。

■車が向いている方向の確認

現時点で車が向いている方向の確認は

  • フロントガラスから見える風景
  • サイドミラー・ルームミラーで見える風景
  • 隣の車や障害物などと平行になっているか

これらの情報で判断することができます。

車体が駐車スペースに対してまっすぐであればそのままバックすればOK。

斜めになっているようであれば切り返しをしてまっすぐにした後でバックすればOKです。

■タイヤが向いている方向の確認

タイヤが向いている方向を確認するには、実際に車を動かすのが一番確実です。

教習所などではハンドルの回転数で教えることが多いと思いますが、車によってハンドルの切れ角は違います。

ブレーキを踏みながらゆっくり前進しつつ、ハンドルを調整するのが良いですよ。

車から降りてタイヤの向きを目で確認するのも非常に有効です。

スポンサーリンク

バック駐車の克服はとにかくたくさん練習すること!

私は自分の経験から「駐車の上達には経験こそが最も重要」だと考えています。

とにかく駐車に慣れることこそバック駐車克服への道筋!

ハンドルの向きがわからなくなることを克服するには、駐車の経験の引き出しを増やすことが有効だと身を以て実証済みです。

最初は車の少ない広い駐車場で練習し、徐々に車の数が多い駐車場や、狭い駐車場にチャレンジしてみてください。

他にもアプリを使った練習も、場数を増やすのにたいへんオススメです。

以下の記事では実際に私も使ったオススメの駐車練習アプリをご紹介しています。

駐車時にハンドル操作がわからなくなる人は幅寄せの練習も効果的

駐車時にハンドル操作がわからなくなる人におすすめしたいのが、幅寄せの練習をすること。

幅寄せには車を動かすために大切な動作が盛り込まれています。

  • どれだけハンドルを動かせばタイヤがどれくらい動くのか体感できる
  • ハンドルを動かしながら・戻しながら前進するので繊細なハンドルさばきを練習できる
  • 縁石や線に沿うようにするので車両感覚を養える
  • ドライブとバックのシフトチェンジを小まめに切り替える経験が積める
  • フロントガラス越しの景色とサイドミラーを確認する練習になる

幅寄せの練習も車の少ない駐車場で行うのが良いですね。

ご自宅の駐車場が幅寄せの練習がしやすいなら自宅で練習するのもオススメです。(自転車や人通りが少ないのが前提にはなりますが)

車庫入れの練習におすすめの場所、逆におすすめできない場所は以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

バック駐車のハンドル操作がわからなくなる まとめ

バックでの駐車が苦手だと感じる理由は、ハンドル操作がわからなくなることに大きな原因があります。

他にも

  • 車とタイヤがどこを向いているのかわからない
  • 注意しなければいけないポイントが多い
  • バックでの駐車経験が不足している

などの理由が考えられます。

駐車時にハンドル操作がわからなくなる方は、どの方向にハンドルを回せばどのように車が動くかわからない方が多いと思います。

車のハンドルは行きたい方向に回すということを覚えておいてくださいね。

自分の車の向きやタイヤの向きがわからなくなったら、ブレーキを踏みながらゆっくり前進してください。

ここで軌道修正をすれば大丈夫ですよ。

駐車の上達に大切なのは、頭で考えるよりも練習回数を増やし、体感的に覚える事です。

私自身もアプリを使用したり、スーパーの駐車場などでたくさん練習しました。

練習の際には「幅寄せ」の時間もぜひ盛り込んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました