洗車後の拭き取り面倒…走って乾かすのは大丈夫?拭き上げを楽にする道具はないの?

車のケア・メンテナンス

洗車をすると車が綺麗になって気分が良いですが、時間がかかるのが困りますよね。

少しでも洗車にかける時間を短くするために、水滴の拭き上げをしたくない方もいると思います。

洗車後に拭き取りをしないで走って乾かすのも楽そうですし、ついでにドライブができるのも魅力的。

ですが、洗車後に車を濡れたままにしたり、タオルで拭かずに走って乾かしても大丈夫なのかが気になりますよね。

今回は「洗車後に拭き上げをせずに走って乾かすのは大丈夫なのか?」に関して解説します。

スポンサーリンク

洗車後に水滴を拭き取りせず走って乾かすのはOK?

「洗車をした後にタオルなどで拭き上げをするのが面倒」と思う事は誰にでもありますよね。

そんな時に「走って水滴飛ばしちゃおう!」と思う方もいるかもしれません。

しかしながら、洗車後に水滴を拭かずに走って車を乾かすのはNGです!

走って乾かすのは塗装に悪影響を及ぼす

洗車後に水滴の拭き上げをせず、走って乾かすことは車の塗装にダメージを与えることに繋がります。

塗装にダメージを与えるのは「イオンデポジット」「ウォータースポット」と呼ばれる2つの現象です。

拭き取りをせずに走って乾かそうとすると水滴を吹き飛ばすほどの速度が一般道路では出せず、イオンデポジットとウォータースポットの原因となってしまうんです。

そもそもイオンデポジットとウォータースポットが何なのかは以下で解説します。

イオンデポジット

「イオンデポジット」とは水の中に含まれるミネラルなどの不純物がボディに付着し、白いリング状となって残ったものです。

水道水にはカルシウムやマグネシウムといったミネラル分が含まれています。

洗車をした後に拭き上げをせずに放置していると水分が蒸発し、ミネラル分だけが残ってリング状のシミになってしまうんです。

イオンデポジットができたばかりであれば洗車で落とせますが、塗装にこびりついてしまうとイオンデポジット専用クリーナーを使って落とす必要があります。

ウォータースポット

「ウォータースポット」とはイオンデポジットの進化系です。

イオンデポジットを長期間放置しておくと塗装内部までシミが侵食してしまい、塗装が窪んでしまうんです。

この状態を「ウォータースポット」と呼び、イオンデポジットとは異なり除去するのが大変です。

何しろ塗装がダメージを受けて陥没している状態となっていますので、研磨剤などで表面を磨かないといけないんです。

イオンデポジットが自分で対処できるのに対し、ウォータースポットまで進行してしまうとプロに依頼する必要が出て来ます。

それならば最初からウォータースポットの元となるイオンデポジットが出来ないように洗車後は拭き上げをするのが理想ですよね。

高速道路を走って水滴を吹き飛ばすのは別の問題も…

「一般道路では水滴を吹き飛ばす程の速度が出せないなら、洗車後に高速道路を走れば良いよね!」

確かに高速道路の速度であれば洗車後に拭き上げしなくても乾かすことはできます。

ただし注意していただきたいのが走行により塵や砂埃などが付着するということです。

リア部分など走っても乾かない部分を走行後に拭き上げすると砂などでキズが付いてしまいますので、風圧で吹き飛ばす場合でも場所によっては軽く拭き上げをしておくのが良いですよ。

スポンサーリンク

洗車後に水分を拭き取った後は走行するのが理想的

車の塗装を痛めないためにも、洗車後は拭き上げをするのが理想的です。

さらに車のためを思うなら、拭き上げ後に少し走行するのがおすすめですよ。

洗車の後に走るのが良いのには次のような理由があります。

  • ブレーキディスクに付いた水分を乾燥させる
  • タオルでは拭き上げが出来ない細かい部分の水分を吹き飛ばす

洗車をするとブレーキディスクにも水分が付着し、放置しておくとサビが発生します。

ブレーキディスクに錆が発生するのは普通の事ですし、走行していれば徐々にサビは落ちていきますが、サビが酷いとブレーキの効きが悪くなり、制動距離が延びてしまいまうんです。

車に乗る頻度が少ない方ほど洗車後は走行してブレーキディスクを乾かしてあげるのが良いですね。

洗車後は広い部分の拭き上げは簡単でも、狭い隙間はタオルが入らず拭くことが出来ない部分もあります。

そのような場所は、車を走らせることで水分を振り落とすのが一番簡単な方法です。

出てきた水滴は拭き取るのではなく吸い取るようにすれば、砂や埃でボディを傷つけることもありませんよ。

スポンサーリンク

洗車後の拭き上げを楽にしてくれる道具

洗車後は拭き上げをせずに走って乾かすと塗装を痛める原因になります。

車を大切にするなら拭き上げはしておきたいですが、洗うのに時間がかかって拭き上げにも時間がかかると洗車自体が嫌になってしまいますよね。

吸水性の良いタオルなどの拭き上げを短時間で済ませるグッズを使用して、少しでも洗車にかける時間を減らしたいところ。

created by Rinker
¥649(2022/07/03 19:15:14時点 楽天市場調べ-詳細)

個人的にオススメなのがシュアラスターの「水滴拭き取りクロス」。

柔らかい素材で吸水性が良く、水を絞るのも簡単ですので愛用しています。

created by Rinker
SHSCLY
¥2,398(2022/07/03 19:15:14時点 Amazon調べ-詳細)

マイクロファイバータオルも人気が高いですね。

「水滴拭き取りクロス」と比べると水を絞るのにパワーが必要なので、1枚のタオルで済ませたい方やしっかり絞るのが難しい女性は「水滴拭き取りクロス」、複数枚用意しても良いのでスピーディーに終わらせたい方はマイクロファイバータオルが良いかもしれません。

洗車後の拭き上げを不要にするアイテムがある!

洗車後に拭き上げをした方が良いのは、水道水に含まれるミネラル分を放置しておくと塗装に悪影響を及ぼすためです。

ならばミネラル分を含まない水で洗車すれば拭き上げ自体そもそも不要なのでは…?

そんな方にオススメなのが「UNGEL SPOTLESS CAR WASB SYSTEM(ウンガー スポット レス カーウォッシュ)」

「ウンガー スポット レス カーウォッシュ」は水道水を純水にできる浄水フィルターです。

コストコで販売がスタートし、今では通販でも購入できるようになりました。

水道水をフィルターを通すことで脱イオン化と呼ばれる処理を行い、水染みの原因となるミネラル分や汚染物質を取り除いて純水にします。

水にミネラル分が含まれていなければ乾燥後にイオンデポジットになりにくいので、「ウンガ スポット レス カーウォッシュ」で洗い流すだけで拭き上げが不要になりますね。

濾過するためのフィルターは水の使用量に応じて交換する必要がありますので、交換頻度を下げるためにも洗車の最後だけ純水で流すのがオススメです。

スポンサーリンク

洗車後は拭き上げしないで走って乾かすのは良くない まとめ

洗車後に拭き上げをせず走って乾かすことは、塗装を傷める原因となります。

車のボディに水道水に含まれるミネラル分が残り、イオンデポジットとなってしまうからです。

イオンデポジットが進行すると塗装に窪みが出来るウォータースポットとなり、プロに研磨してもらないといけないレベルです。

高速走行して水分を吹き飛ばすことが出来ればイオンデポジットの心配は減りますが、車体に砂や埃が付着しやすくなります。

洗車後は面倒でも拭き上げをするのが理想的です。

どうしても拭き上げが面倒であれば、ミネラル分を除去した純水で洗車後に水道水を洗い流せばイオンデポジットは発生しにくくなります。

通販でも購入することができますので洗車の手間を減らしたい方にはオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました