運転免許証を紛失!まずは何をしたら良い?実際に再発行した時の流れも紹介

車関連情報

車を運転する際に携帯が義務付けられている運転免許証は身分証明書(本人確認書類)としても使用できる非常に重要な書類です。

しかし免許証を無くしてしまうことは決して無いとは言えません。

私の家族も免許証の入ったケースごと紛失してしまい、途方に暮れたことがあります。

今回は免許証を紛失した時に何をすべきかを解説します。

私の家族が免許証を再発行した時の流れも聞きましたので、記事の後半で紹介しています。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

免許証を紛失したら 最初にやるべきことは?

警察署に紛失届を提出する

免許証を紛失したら最初にやるべきことは警察署(交番)に「紛失届」を提出することです。

運転免許証は様々な方法で悪用が可能な重要な書類です。

万が一悪用された場合でも紛失届があることで自分がやった事ではないという証明になり、ご自分を守ることに繋がります。

紛失届は発行時刻が重要になるので、免許証の紛失が発覚したらすぐに警察署(交番)に届け出てください。

運が良ければ無事に返ってくる可能性もありますが、紛失物の返却の際にも紛失届は必要になりますので、紛失届を無くさないように注意してください。

信用情報機関へ運転免許証を紛失したことを連絡

信用情報機関とは銀行なら「全国銀行協会」、クレジットカード系なら「CIC」、消費者金融なら「日本信用情報機構(JICC)」のことを言います。

免許証を悪用する際にまず考えられるのがクレジットカードの発行やマネーロンダリング用の口座の開設、お金の借り入れなどです。

信用情報機関に連絡をしておくことで、融資やクレジットカードの審査の際に運転免許証を身分証明書として使用していないか注意して審査してもらえるかもしれません。

確実に悪用を防げるわけではありませんが、出来ることはやっておいた方が安心できます。

免許証の再発行(再交付)

免許証の再発行(再交付)の手続きは警察署運転免許試験場運転免許センター交通安全協会などで出来ます。

都道府県により再交付の手続きが可能な場所は異なるので、警察署のウェブサイトや電話で確認しておくのが安心です。

運転免許試験場や運転免許センターなら再交付の手続きが終了すれば基本的に即日再発行されます。

しかし警察署で再交付の手続きを行う場合は、2週間ほど時間がかかることもあります。

車を使う仕事をしている、通勤に車を使うなど、運転の頻度が高い場合は運転免許試験場や運転免許センターで再交付の手続きをするのが良いでしょう。

スポンサーリンク

免許証の再発行(再交付)の方法は?

免許証を再発行できる機関で手続きが必要

免許証の再発行(再交付)の手続きは警察署運転免許試験場運転免許センター交通安全協会などで出来ますが、都道府県により再交付の手続きが可能な場所は異なります

一例として東京都の場合は運転免許試験場のみとなり、府中運転免許試験場鮫洲運転免許試験場江東運転免許試験場の3ヵ所となっています。

免許証の再発行は平日のみとなっており土曜や日曜、祝日、年末年始は手続きできません。

紛失が発覚したら有休をとるなどして平日に手続きする必要がありますので注意してください。

免許証を再発行する時に必要な書類

運転免許証を再交付する手続きには以下の書類が必要となります。

運転免許証の再交付に必要な書類
  • 運転免許証再交付申請書(持参不要)
  • 運転免許証紛失・盗難てん末書(持参不要)
  • 申請用写真1枚
    (縦3.0cm×横2.4cm、6ヵ月以内に撮影したもの)
  • 身分を証明できるもの

■「運転免許証再交付申請書」と「運転免許証紛失・盗難てん末書」は再交付場所の窓口でもらえるので持参する必要はありません。

■「申請用写真」は免許証の再発行を申請するための写真です。
 免許証に使用する写真ではありませんので気合を入れて撮影しなくても大丈夫です。

■「身分を証明できるもの」は住所・氏名・生年月日が確認できる書類です。
 住民票、マイナンバーカード(通知カードは不可)、健康保険証、パスポートなどが該当します。

免許証の再発行手数料と所要時間

免許証の再発行には手数料がかかります。

■免許証再交付手数料:2,250円(2021年3月時点)

再交付の手続きにかかる時間は1~3時間程度が目安です。(警察署で再発行する場合は2週間ほどかかることもあります)

私の家族が運転免許試験場で再交付手続きを行った時には2時間ほどかかりましたので、時間に余裕をもって手続きをしてください。

スポンサーリンク

実際に免許証の再発行をした時の流れ

鮫洲運転免許試験場

私の家族が免許証を紛失し、再発行をした時の流れを聞きました。

再発行をする場所によって手順などは異なる場合があると思いますが、参考になさってください。

以下の手順は東京の府中運転免許試験場の場合です。

運転免許証 再交付の流れの一例
  1. 案内所で「運転免許証再交付申請書」と「運転免許証紛失・盗難てん末書」を記入する
  2. 「運転免許証再交付申請書」用の写真を撮影する
    (家族は写真を持参していなかったので撮影したようです。他の交付場所でも撮影するとは限りませんので、公式サイトなどでご確認ください。)
  3. 免許証の内容をチェック
    (本籍や免許証の最終更新日を確認したとのことです)
  4. 免許証の出来上がりを待つ

免許証を再発行するまで約2時間ほどかかったそうです。

再発行の費用は2,250円でした。

スポンサーリンク

免許証を紛失した時にやるべきこと まとめ

運転免許証は重要な身分証明書の一つです。

紛失してしまえば悪用されかねません。

万が一、免許証を紛失してしまった場合は次の流れで行動してください。

  1. 警察署や交番に紛失届を提出する
  2. 信用情報機関に免許証を紛失したことを連絡する
  3. 免許証の再発行の手続き

免許証の再発行は即日交付される場所と、ある程度の時間を要する場所があります。

すぐにでも免許証が必要でしたら運転免許試験場や運転免許センターで再発行をしてもらうのが良いでしょう。

免許証を紛失してしまえば悪用されないかと不安になりますし、再発行にも手間がかかります。

無くさないよう注意しておくのが大切ですので、普段から保管場所・持ち運び方法にも気を配っておくのが良いですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました